日新火災のマンションドクター火災保険の概要

日新火災のマンションドクター火災保険の概要

高経年マンションの火災保険料は値上がりしています。

マンションの高経年化が進み、水濡れ事故などが増加し、損害保険会社各社では高経年マンションの火災保険料を値上げするなどの対策を講じるケースが増えつつあります。

管理状況が良いマンションも悪いマンションも、築年数が同じなら保険料は一緒になっています。

日常の管理や大規模修繕工事など、きちんとメンテナンスを行っているマンションも築年数だけで保険料が決まっています。

疑問や不満を感じたことはありませんか?
マンション管理組合用の火災保険料はどこの保険会社も一緒?
築年数が経てば経つほど、保険料が上がって困る!
きちんとメンテナンスしているのに、築年数だけで保険料が上がるのは納得できない!
マンションドクター火災保険なら、築年数だけでなくメンテナンス状況の診断結果に応じて火災保険料が決定
だから割安※の保険料を実現!

※「マンション管理適正化診断サービス」における診断結果に基づき、割引が適用された場合

マンションドクター火災保険はマンション生活を取り巻く様々なリスクを補償します。

おすすめポイント
火災だけでなく、自然災害やその他の様々な事故を幅広く補償します!
建物本体の共用部分に限らず、建物以外の構築物(掲示板・自転車置場等)も補償します!
管理組合および各区分所有者個人の賠償責任も補償します!

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

連絡先 お問合せフォーム