あなたの保険を「最適・安く」保険のソムリエPIA・サポートセンター

私どもはこれまで200件以上の管理組合様よりご依頼を受けて、マンション総合保険の見直し提案をさせて頂きました。


                           


  

その時のお客様の多くは


「同じ保険会社でどうしてこんなに保険料が違うのか?」


「保険会社によってこんなに保険料が違うのか?」

 

「保険はよく解らないから管理会社に任せている 

 

「保険会社数社の比較検討なんてしたことない」


「マンション総合保険の見直しなんて管理組合でしたことない」


「保険料の削減なんて保険金減らせばいいだろ!」 


「保険金半分にしても保険料あまり変わらないんだね?」    と

 

そして


「管理組合が契約している保険の内容はよくわからない」


というような事でした。

 

今や生命保険や自動車保険も数社の保険会社の補償内容や保険料をネットででも比較検討する時代になってきました。


ですがマンション総合保険については、管理会社が提案する一方的な提案だけで補償内容の比較、保険会社による保険料の比較、代理店による比較検討はされてこなかったのが実情です。


さらに、管理委託契約に、管理会社の保険部とマンション総合保険尾契約をしなければならないとは記載されていません。記載があれば、特別な利益供与という事で、保険業法に違反するからです。


なぜそうなってしまったかというと


@ 管理組合は1〜2年任期で理事が入れ替わる


A マンション総合保険の情報が開示されていないため、情報収集ができない


B 管理会社が複数の保険会社の取り扱いがない場合もあるし、複数の保険

  会社取り扱っていても更改時の提案は1社のみの提案の場合が多い


B 一般の損害保険代理店は殆ど保険会社1社のみの取り扱いが普通で、

  複数の損害保険会社の取り扱いがない


C マンション総合保険に詳しい人がほとんどいない


D マンション総合保険専門の保険代理店は日本でも数社しかない


E マンション総合保険って保険会社によってそんなに違わないだろ」


F 築年数が20年超えるとなんでこんなに保険料が高くなるの?」



そういう状況なので

管理組合の理事会では、比較検討もしないまま、管理会社が提案するマンション

総合保険に何も疑問を抱かずに契約を更改し続けられてきました

 

マンション総合保険、マンション管理組合の共有部分の火災保険は

 管理会社 からの提案で契約し、一度も見直しをしていない

いう管理組合様 が殆どかと思います。掛け捨てで、管理組合の費用から拠出

される経費が見直しされていません、ましてや補償内容や保険金についても同様

です。

 

1996年以前は、損害保険会社の保険料は変わらなかったのですが1996年の

アメリカとの規制緩和の合意を受けて、保険会社は自由に保険料を決定する事が

できるようになって、保険料が保険会社毎にすごく違ってきています。


皆さんご存知の、自動車保険がいい例です。


実は火災保険も、その時同じように、保険料が違ってきたのです。

 

定期的に見直しされないために、必要のない補償が付いていたり、割高な保険会社の

保険で契約を継続しているというのが現状です。例えば丘の上にあるマンションに

「水災」の補償がついていたりします。施設賠償責任保険で10億円の契約になって

いたりします。理由が分かっていればいいのですが、契約内容をよく見ると首をかしげたくなるような契約が多いのです。


200件以上の管理組合様のマンション総合保険の「診断レポート」を作成させていただきましたが、良い保険です!と思えたのは「2管理組合様」だけでした。

 

 

保険のソムリエPIAは皆様の万が一のリスクに備えるのはもちろんの事ですが、将来の夢の実現に向け、様々な角度 から総合的に検討しコストを削減し、


マンションライフ快適に

マンションの資産価値向上に


マンション総合保険を通じてお役に立てればと考えております。  

 

お客様のエイジェント(代理人)として、お客様の視点に立ったご提案に徹しています。

 

    この機会にぜひ

「保険のソムリエPIA」の

マンション総合保険診断レポート

作成サービスをご利用ください。

 

 

  現在ご契約済の保険の分析・ご提案を有料で行っていますがほとんどが

  作成費用より大幅な保険料の削減を実現させてまいりました。

  お気軽に申し付けください。

 

   資料請求はこちら

 

 

弊社ホームページの資料請求フォームから、「資料請求・見積り依頼」をお願いします。

  お電話での資料請求も承ります。

 営業時間9:00〜17:30(日祝除く)

 

「マンション総合保険診断レポート」ご提案までの流れ

                  診断レポート作成までの流れ


作成料金 1件3万円  作成所要期間約1週間


1.資料請求

資料請求はこちら

 

HPよりのお問い合わせ  

  メールでのご請求      info@pia-hoken.com

  電話でのご請求               045-305-4133

 

 

2.資料送付     

メールにて資料を送付させて頂きます。

 

 

3.「診断レポート」作成

保険設計に必要な資料をご提出頂いた後、約1週間で「診断レポート」を作成致します。

 

 

      マンション管理組合の火災保険の 

        (マンション総合保険)

        「診断レポート」作成の手順

                       

 

 

@現状の補償内容で複数の保険会社による比較表を作成します。

  この時、現在ご契約の保険証書と、契約時の説明書、マンションの分譲時のパンフレットをご準備

  いただきます。

  比較表作成と同時に基本事項の検証もします。(評価額、保険金額、住所、建設日時、延べ面積、

  居室数等)

 

 

    *実際に所在地の住所が違っていたりします。

 

A比較表を基に契約する保険会社を「選別」します。

・契約条件を同等にしたときの保険料はどうなるか、比較します。

 

 

B補償内容の見直し

  補償そのものの要・不要」を抽出し、補償内容と保険金額を見直し、補償条件決定します。

 

C損害賠償責任保険の検討

  ・個人賠償責任保険の保険金額を決めます

  ・施設賠賠償責任保険の保険金額を決めます。

  

D地震保険を検討します。 

 

E保険契約期間を検討します。

  1年契約か5年契約か ?

   「掛捨て型マンション総合保険」か「積立型マンション総合保険」の比較検討

 

F即刻契約するか、保険満期時に契約するか検討をします。

 

Gマンション管理組合火災保険の(マンション総合保険)「診断レポート」 を作成します。

 

 

 

H最後に「積立て型火災保険」か、「掛け捨て型火災保険」か検討します。

 

以上

    9ステップ「診断レポートを維持階にてご提案差し上げます。

 

マンション管理組合火災保険を200管理組合様以上の見直しして、実績で約10〜最大約60%の保険料の削減ができました。

 

4.ご説明

  「診断レポート」に基づき、ご指定の日時場所でご説明にお伺いします。
  *できる限り、ご要望に対応致しますので、遠慮なく申しつけてください。

 

 私ども「保険のソムリエ・サポートセンターにご相談いただき。

私どものご提案と、他社の代理店のご提案を比較してみれば結果は

一目瞭然だと思います。 

 

 

私ども「保険のソムリエ・サポートセンター」ごご相談下さい

もちろんご説明にもお伺いさせていただきます。

 

私もマンションに住む一員として、この管理組合の現状を一人

でも多くの方に、ご理解頂くのも私どもの務めと考えています。

 

      資料請求はこちら